花言葉は「幸せが飛んでくる」

お供えやお悔やみに清楚で凛としたイメージの胡蝶蘭を贈る人が増えています

胡蝶蘭といえば多くの人が華やかなお祝の贈り物というイメージがあり法事や法要のお供えというと生花のイメージが強いです。が、近年は清楚で花持ちの良い胡蝶蘭が法事や法要などお供えの用途に使われる事が多くなりました。

また葬儀等で使われる事もあります。昨今は家族葬などが多く見受けられるようになってきて葬儀のあり様も大分変わってきました。それに伴って装飾(葬儀等)用のお花の形態も変わってきているようです。

悲しい出来事に遺族は悲しみに暮れています。そんな時は清楚で凛としたイメージの胡蝶蘭は最適です。

胡蝶蘭

学名:Phalaenopsis Hybrids(ファレノプシス)
別名:ファレノプシス(Phalaenopsis)
科属名:ラン科ファレノプシス属
用途:開店・開業・開院祝・新築祝/移転・リニューアル祝/当選祝/誕生日・結婚・出産祝/長寿祝/定年・退職祝/お悔み・仏事用など

花言葉幸福が飛んでくる

ここ一番のフラワーギフトなら「幸せが飛んでくる」胡蝶蘭で決まり!

お供え/お悔やみに贈る胡蝶蘭

法事や法要のお供えというと生花のイメージが強いですが、近年は花持ちの良い胡蝶蘭を法事や法要などお供えの用途に使われる事が多くなりました。また葬儀等で使われる事もあります。

悲しい出来事に遺族は悲しみに暮れています。そんな時は清楚で凛としたイメージの胡蝶蘭は最適です。

色合い

色は「白」が無難ですが、四十九日以降なら遺族の気持ちが少しでも和らげることが出来るように明るい色物(ピンクや黄色等)をお贈りされる方もいます。しかしあまり強い色合いの花は避けた方が良いかも知れません。

相場(価格帯)

お付き合いの度合いもあったりお花の他にお金を包むこともあるので、一概には言えませんが大体10000円から20000円程度のものが多いようです。また法人で利用の場合は10000円から30000円程度のものが選ばれます。



注意したい事

折角高価な品を贈っても置く場所等に困るようでは問題です。出来れば事前に確認したいところです。

季節も考慮して贈る

最近はお葬式に参列すると胡蝶蘭を飾られている事が多くあります。またお盆など暑い時期に花持ちの良い胡蝶蘭を飾られるお宅も増えています。

鑑賞期間
生花:1週間程度

胡蝶蘭:1ヶ月以上

※管理方法で変わる場合もあります。

同じ金額でも花持ちは断然胡蝶蘭の方が長いです。また水替えなどの手間も必要ないところが選ばれる理由です。

もう「お供え=生花オンリー」という感じは無くなりつつありますね。

繊細な花だけど鑑賞期間は抜群に長い!胡蝶蘭の基本的な育て方のいろは

あとがき

個人的にはお供えやお悔みのお花は生花が良いと考えていましたが、鑑賞期間やメンテナンスを考えると特に夏場はあまり手間のかからない胡蝶蘭もアリだろうと考え方が変わってきました。

とにかく「故人を偲ぶお花」ですので生花を贈るにしても胡蝶蘭を贈るにしても失礼のないようなものをチョイスしてお霊前にお供えしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA